手軽なホームページ制作『テンプレッコ』

自己紹介

エステテシャンだった私がアテもコネもなく経験ゼロで『Webデザイナー』として独立した理由

Pocket

トミー智子

こんにちは。
ビールをこよなく愛するテンプレッコ主宰、すんごいWebデザイナーのトミー智子です。今までエステティシャンの店長を10年やっていたのですが、趣味ではじめたホームページ制作にはまり、何を血迷ったのか、何のアテてもコネもなくホームページ制作をメインとしたデザイン事務所を立ち上げました。「経験ゼロ」「知識ゼロ」「お金ゼロ」の状態から、Webデザイナーとして独立してホームページ制作の教科書まで出版してしまったわたしですが、独立してから何をやってきたのかをまとめてみました。わたしがどんな考えや信念のもと生きてきたのか興味がある方はぜひ読んでみてください。
特に、これから“独立開業”をしたい女性の方やフリーのWebデザイナーとして活躍されたい方に読んでもらいたいです。

独立のきっかけ

エステティシャン

わたしの前職は、エステティシャンンでした。2009年韓国で開催したワールドビューティーコンテストのフェイシャル部門3位を受賞し、指名No.1の店長で10年間バリバリ働いておりました。
そんなわたしが、趣味ではじめたホームページ制作にはまり、何を血迷ったのか、何のアテてもコネもなくWebデザイナーとして2012年 32歳で独立しました。一般的の流れなら、腕もあり顧客も沢山ついているのだから自分のお店(エステサロン)を立ち上げると思いますよね。
なぜWebデザイナーを選んだのって!?疑問に思う方が多いと思います。わたしが独立してからやってきたことは、今の時代のどんな職種の方でも使える技なので、ぜひ自分の職業に照らし合わせて参考にしていただければと思います。

トミー智子

2009年ワールドビューティーコンテストフェイシャル部門3位を受賞

「人生このままの繰り返しでいいのか」と本気で考えたこと

エステティシャン

戦士のように働いていたエステ店長時代。スタッフ仲良く仕事が終わったらよく飲みに行ってました。今でも心友として交流しています。

エステ時代は、毎日7:00に出勤して自宅に帰るのは22:00が当たり前でした。
日本 NO.1の技術力で、最高級のおもてなしをする!」というサロンコンセプトでしたので、日中は業務に追われ、仕事が終わったら後輩の技術指導・練習に付き合う日々。
週休2日制ではあったものの、休日出勤して業務中にできなかった自社(エステサロン)のサイト作りをしていました。
↑これは趣味だったので息抜きになってましたね♪
とにかく戦士のように日々戦い仕事をこなしてきました。

 

そしてふと「こんな毎日の繰り返しでいいのかな・・・。
と疑問を持つようになったのです。

 

もちろんエステの仕事は楽しいし、天職だと自負しています。
スタッフ同士も仲良く、応援しあい高められる最高の環境!
でもこれが40、50歳と一生続くのかと思うと、なんだか人生がもったいない感じがする・・・。
エステティシャンとしては、一生分働いた。
もっと違う世界も見てみたい!
でも好きな仕事しかしたくないし・・・。
そうだ!ホームページ制作が好きだ!
転職・・・してみようかな?
でももう30歳になるし・・・独学で覚えたホームページ制作のスキルしかないし・・・。
だれも私なんて雇ってくれないだろう。
というか、そもそも誰かの下で働けるのだろうか・・・?
わたし、コミュ症じゃん・・・。
そしたら・・・独立しかない?
えぇぇぇぇぇぇっっっっっ!?

段ボールに囲まれた2畳ほどスペースでWebデザイナーとして独立

独立開業

転職しようかな〜。いや、独立しようかな・・・。など悩む日々が半年ほど続いたある日。
ケーキ屋を経営している友人が「本気でWebデザイナーをやりたいのならうちの事務所の一角(段ボールに囲まれた2畳ほどスペース)を月1万円で貸してあげるよ」とありがたい声をいただきました。家賃1万円ならなんとかいけるでしょ!結果が出なければ就職すれば良いし。人生一度きりだし『とにかくやってみよう!』と威を決めて、なんのアテてもコネもなく、あるのは趣味で覚えた微々たるHTMLの知識だけでホームページ制作をメインとしたデザイン事務所を立ち上げたのです。段ボールに囲まれた2畳ほどスペースに、パソコン1台とディスクと椅子を持ち込みWebデザイナーとしての人生がはじまりました。
この時は、こんな私が後々ホームページ制作ソフトの教科書を出版することになろうとは夢にも思っていませんでした。

コンセプトを決める

コンセプトを決める

さて、段ボールに囲まれた2畳スペースだけど、一応場所の確保はできました。
どんなデザイン事務所にしようか・・・自分と作戦会議がはじまります。IT業界やデザインオフィスなどで働いた経験ゼロ。
もちろん、Webデザイナーの知り合いもいません。
さ〜〜〜どうする?とりあえず「ホームページ 制作」とネットで検索してみました。
すると、約 854,000,000ページのサイトがありました。
その中で「知識0」の私が戦うのは無理です・・・。でも、絶対に自分にも勝てるフィールドがあるはずだ!

「自分にしか出来ないこと」「得意なこと」と「仕事」を組み合わせてみる

そこで「自分にしか出来ないこと」「得意なこと」を徹底的に考えました。

  • かわいいデザインが好き
  • 女性が喜ぶデザインが好き
  • 女性の気持ちが理解できる
  • エステのマネージメント得意
  • エステのことならほぼ知っている
  • 写真撮影が好き
  • 食べること、お酒が好き

うむ。これらとホームページ制作を組み合わせてみよう・・・そうだ!!!!!
エステサロンなどの美容に特化したホームページ制作ってどうだろう。
どうやって売り上げを上げるかなどの現場でのコンサルもできるし、エステのメニューなどもすぐに理解できる。
女性が好みそうな「かわいいデザイン」っていいね!
かわいいデザインもテイストが色々あるから、その中でも「ガーリー」「ほっこり」「ナチュラル」「エレガント」にしよう!
よし!全国から「かわいいデザイン」を頼みたくなる人”スペシャリスト”になろう!そんなことから、思わず 「かわいい〜♡」っていってしまうデザイン制作所 Tommy Desgin Office(トミーデザインオフィス)が決まりました。
Tommy Disegn Office
今も思うことですが「自分にしか出来ないこと」「得意なこと」を掘り下げて「仕事」と合体させることで 「自分の強み」が生かせるオンリーワンのビジネスができます。
ワクワク楽しく仕事をするだけで、クライアントさんの役に立つことができ、しかもお金ももらえるなんてとてもステキですよね。

ホームページを制作する

ホームページを制作する

コンセプトが決まったら次はホームページ制作です。
ホームページ制作のお店なのだから、まずは自分のホームページを持たないと致命傷ですよね。 笑ホームページ制作は、ペルソナに合わせたサイトデザイン設計をしました。
ペルソナとは、集めたいユーザー(お客さんになってほしい方)の具体的な像を決めること。

  • 性別
  • 年齢
  • 職種
  • 所得
  • 家族構成
  • 学歴
  • 住所
  • どんなライフスタイルなのか?
  • どんな価値観をもっているのか?
  • どんな行動の傾向があるのか?

などを細かく具体的に設定すると、ホームページのデザインや機能性などが見えてきます。
ホームページを制作する際の注意する点は、常にお客様目線を忘れないこと。
例えば、女性を集めたいホームページを作るのに、自分がかっこいいデザインが好きだからといってクールなホームページを作っても、ユーザーの心に届きにくいですからね。

コンテンツの内容はとても大事

そしてコンテンツの内容も大事。

  • ターゲットはどんな悩みやストレスをかかえているのか
  • 自分はどんな人を助けられるのか、役に立つのか

などを意識してコンテンツ制作いたしました。
googleやYahoo!で検索する時って「調べたいコト」「悩んでいるコト」じゃないですか?
なので、その答えがホームページに掲載してあると、とても親切で解りやすく安心感のあるホームページになると思ったのです。

もし、ターゲットが何に悩んでいるの解らないときは『yahoo知恵袋』がとても使えましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
※Yahoo!知恵袋とは、疑問に思っていることを質問したり、知っている事柄についての質問に回答することで、参加している方がお互いに知恵や知識を教えあい、分かち合えるYahoo!JAPANのサービスです。

そして思わず「かわいい♡」といってしまうホームページが完成いたしました。

TommyDesign

※当時制作した最初のTommy Design Officeのホームページです。

また、独立した当初はコンセプトがブレやすいので「自分と向き合う時間」を常に確保した方が結果が出やすくなります。

ブログを始める

ホームページを制作する

ホームページができました!
さて、次に始めたことは・・・ブログです。

かわいいホームページが出来たからと言っても、最初は宣伝しなければ誰も見てくれません。
ホームページを見てもらう導線づくりが大事です。
無料でできる様々なブログサービスがありますが、わたしはアメブロでブログを始めました。
以前の職場でもアメブロをやっていたのでその流れでもあります。

ブログでは・・・

  • どんな人なのか
  • どんな価値観なのか
  • どんなコトができるのか
  • 制作実積
  • お客様の声

などを中心に書いていきました。慣れないうちは外からどう見られているのか気になり「格好つけて書いてしまいがち」ですが、なるべく等身大で書いた方が良いです。その方が「その人らしさ」がでますし、ブログは日々続けていくのもですから苦にもならないです。
文章も間違えててもいいんです。女性だけどおやじっぽさ満開のブログでもいいんです 笑。
とにかく自分に集中して回りを気にしない、比べないことが大事!そして、文書を書き終えたら必ずチェックした項目がありました。

  • お客様目線になっているか
  • このブログは誰かの役に立つのか
  • 自分自慢のブログになっていないのか

なぜかというと、ブログを書く最大の理由はあくまでも「ホームページにアクセスしてもらうきっかけ」だからです。
最初のころは、1記事書くのに4時間くらいかかる時もありました・・・。苦笑

SNSにて拡散させる

ホームページを制作する

そして、ブログを更新した際は、SNS(FaceBook)にて紹介しておりました。
SNSは無料で使えるツールなので使わないともったいないですよっ!
そして、友達・フォロワー・読者をどんどん増やす行為も行なってくださいね。そんなことを続けている内にアクセスが増え始めSEOの効果が発揮し「かわいい ホームページ 制作」のキーワードで1ページ目の上位に表示されるようになりました。
そこからお仕事がぽちぽちと舞い込んできたのです。

目の前の仕事を一生懸命やる勉強をする

ホームページを制作する

当時、事務所が千葉県成田市にありましたので、成田を中心に千葉県内の仕事の問い合わせがくるようになりました。
わたしは、IT企業やデザイン事務所で働いた「経験0」なので、ホームページ制作の営業も流れなんぞわかりません。全て手探りです。笑
ただし、とにかく舞い込んで来た仕事は、自分の持っている物を全て出し切って無我夢中に一生懸命やりました!

職種は違えど、肩書きの上では同じ「経営者」
ホームページを作りたい理由は、ぶっちゃけ「売り上げを上げたいこと
本質は一緒なので『自分のホームページを作った時と同じこと』をすればいいんだなと思ったのです。

ホームページ制作の仕事について

そこで、クライアント様を段ボールに囲まれた2畳スペースの事務所にお越しいただき、ぎゅーぎゅーになりながらクライアント様の『悩み』『欲求』『夢』を聞きだしました。
今思えば・・・かなり怪しかったと思いますよ〜。爆笑
段ボールに囲まれた事務所で、何十万のホームページの契約をするのですからwww
いや〜〜〜、その当時のクライアント様には私を信じていただいて本当に感謝しておりますし、もちろん今でも末永くおつきあいが続いております!

  • どんなコトに悩んでいるのか。
  • どんな人に来てもらいたいのか。
  • どんな人を助けられるのか、力にになるのか。
  • どんなお店になったら嬉しいのか。
  • ホームページで何をしたいのか。

そんな悩みや想いから「今の私が出来ることは何なのか」を考え、出来ないことは他を当たってもらい、出来ることだけを徹底的にやることにしました。

ホームページ

その当時制作したクライアント様のホームページ一例です。

紙媒体(名刺、リーフレット)の仕事について

紙媒体(名刺、リーフレット)の仕事

クライアント様からホームページと一緒にショップカードや名刺、リーフレットなども作って欲しいと要望も多くいただくようになりました。
確かにホームページを新しく作る際に一緒に発注できると楽ですし、同じデザインで統一できるのでブランディング効果もあります。

ただその当時は、微々たるHTMLの知識はあったけど紙媒体の世界は全く解らない・・・。
とりあえず、片っ端の印刷会社から紙を取り寄せ、紙質や印刷の工程を勉強しました。
また、印刷に出したもののイメージしていた色や仕上がりにならず(紙質によっては色味が全然違う)、印刷工場に何度も問い合わせたり、足を運んだりしてお金も時間も沢山使い、カラダで覚えていきました。笑

そんな甲斐あって相性が良い印刷工場と出会うことができ、紙媒体の悩みは無事にコンプリートしました。
そして・・・半年ほど経つと徐々に紹介が増えていくようになったのです。

セミナー・交流会に参加する

セミナー参加する

新しいクライアント様が増えるたびに要求が増え、新しい『悩み』も増えていきます。
たとえば・・・
「自分でホームページを更新したい。」「ワードプレスを使いたい。」「プログラムをつくってほしい」「レスポンシブWebデザイン(スマホタブレット対応)にしたい。」などの依頼です。

色々本を購入して、勉強してみるが今の私には、知識が追いつかなくて対応できない・・・と限界を感じていたころ・・・
※今では何でもできるようになりましたのでご安心下さい。

そうだ!
なにも一人でやらなくてもいいんじゃないか。
他力を使おう!Web仲間が欲しい!色々情報交換もしたいし!

他力を使う

フリーランス

Web関連セミナーや交流会に月に1.2度顔を出すようにしました。
そこで感じたことは、結構フリーランスって沢山いるんだってことです。
ただ、IT企業やデザインオフィスで働き技術も知識も身につけた上で独立したというのにもかかわらず「フリー」ということに『不安』を感じている方が多いことも解りました。
私から見たら「おいっっ、技術も知識もあるってうらやましいじゃないかっ!」って感じですけどね。

技術」「知識」があってもそれを上手く活かせない、発揮できない、いわゆる稼げないフリーランス。
わたしは「技術0」「知識0」なのに仕事が入ってくる・・・。
この違いはなんだろう・・・と考えたこともあります。
そして、ある法則があることが解ったのです!
こちらは長くなるのでまた後ほど紹介します。

セミナーや交流会のおかげで、気が合うWeb仲間ができ仕事を依頼することが可能になりました。
そこで仕事の幅が広がり、クライアント様の『悩み』をどんどん解決することができました。
自分が苦手なものは、それが得意の方に潔くやっていただくのが、お互いに幸せなことなのだと思います。

事務所を構える

独立してから、約1年半ほどが経ったころ・・・。
そろそろ事務所が必要だなと思い、築36年の一軒家を借りることにしました。

大家さんがとても良い方で「なにしてもいいよ」とお声をいただいたので、150万ほどあった貯金を全て使いプチリフォーム。
また、ゼロから再スタートです。

事務所を構える

さて、事務所を持ったからといって仕事が沢山はいるようになったかというと、そうではありません。
いまでも忘れませんが、月の初めは売り上げ10,8000円でした。
家賃、光熱費、経費などでトントンです。っていうか赤字ですね。
美容室もいけず、化粧品も買えず、スーパーのもやしに何度助けられたことか。笑
月末になると「来月の支払い大丈夫かな・・・」と、心が折れ泣いたこともあります。
けど・・・「わたしはすごい!!絶対、大丈夫!」と自分を信じ奮い起こしてきました。

事務所リノベーション天井や壁を真っ白に塗り替えプチリノベーションしました。

デザイン誌『デザインノート』に掲載される

デザインノート

目の前の仕事をコツコツこなしていく日々。
すると、誠文堂新光社から出版されているデザイン誌『デザインノート』から1通のメールが届きます。
メールの内容は「全国の各都道府県で活躍するデザイナーやデザイン会社が手がけたロゴマークを紹介する企画があります。千葉県代表でTommy Design Office を紹介してもよいですか」とのこと。

キターーーーーーー━(゚∀゚)━
ありがとうございますっっっ!!!
ぜひ、お願いしますっっっっ!!!!
今までがんばってきてよかった〜〜〜!!!!

「技術0」「知識0」スタートのわたしが千葉県代表に選ばれるなんて。
世間にやっと認められた気がした瞬間です。
ほんとうに自分を信じてやってきてよかった・・・。

デザインノート

その後、雑誌掲載のお陰なのか?ありがたいことに仕事の問い合わせが増えていき、「一緒に仕事がしたい!」と言ってくれるセンスの良いデザイナーやコーダーとのご縁もつながり、今まで以上に仕事が拡大しました。

世界一わかりやすい Dreamweaver 操作とサイト制作の教科書を出版

2018年1月吉日。
Web仲間の中川正道(なかがわ まさみち)さんからメッセンジャーが届きました。
トミーさん、出版に興味ないですか?

中川正道

中川正道さんは、時色株式会社の代表。
中国料理人の方なら誰でも知っている「涙を流し口から火をふく、四川料理の旅」の著作、四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、Webデザイナー、 システムエンジュニア、グルメライターをもこなすスーパーマン。
そして運営サイト「おいしい四川」では、2日間で6.5万人以上を動員する四川フェスの実行委員会の委員長です。

ま〜〜〜、とにかくすごいんですよ!
多才(多彩)というか、天才というか、変態というか・・・爆笑

マサさんとの出会いは、ひょんなことに交流会で席が隣だったのがきっかけです。
また、お仕事を手伝ってくれていた時期もあり、それ以来FaceBookでつながっていました。
後に聞いたのですが、第一印象は『すげ〜〜〜〜〜〜面白い人がいる!』とお互いに思っていたことが解りました。笑

トミー「出版に興味はなくはないけど、どうしたの?」
マサ「2015年に出版予定だったDreamweaverの本が、Adobeのバージョンで出版のタイミングの逃してしまって。でもこれを世に出したいから、手伝ってくれないかな?
トミー「えええっっっっっっ〜。Dreamweaverは、いつもコーディングで使ってはいるけどほぼ独学だし・・・。今、仕事がかなり忙しいから・・・。う〜〜〜〜ん、半分ならできるかも!?」

ということで、デザイン イリュームのまり絵さんも一緒に出版プロジェクトキックオフしました。

2018年9月26日 無事に『世界一わかりやすい Dreamweaver 操作とサイト制作の教科書 CC対応』を出版することができました。
わたしにとっての出版は、「経験ゼロ」「知識ゼロ」「お金ゼロ」の状態から独立して丸5年間の集大成かなと思います。
マサさん、まり絵さん、岡野さん、編集の竹内さん、ありがとうございました!!

世界一わかりやすい Dreamweaver 操作とサイト制作の教科書

世界一わかりやすい Dreamweaver 操作とサイト制作の教科書 CC対応
中川 正道 (著), トミー智子 (著) ,やのうまり絵(みま) (著)

テンプレッコの運営を始める

テンプレッコ

さて、新規に事業を始めるクライアント様との打ち合わせの際に、いつも思うことがありました。
職種は違えど同じ『経営者』ですから、悩みどころが手に届くように解るのです。

  • もっと、クライアント様の力になりたい!
  • もっと、売り上げに貢献したい!
  • クライアント様の一番の応援者になりたい。
  • 売り上げが上げる喜びを一緒に感じたい。
  • 自分が経験してきたことでなにか力になれないかな。
  • 勇気づけや背中を押すことができないかな。

それには・・・
私自身のレベルアップしかない!!と感じ「集客方法、Webマーケティング、SEO対策」を再度徹底的に勉強しました。
そして『ホームページの敷居を下げ、小さく始めて大きく育てる集客に強いホームページ制作』のコンセプトのもと「テンプレッコ」の運営を始めたのです。

テンプレッコは、個人事業主さまや、小さなお店・会社さまに対して、あなたの良さ、想いを世の中に強く発信できるホームページを安価な価格で制作し、そして集客をサポートします。
「経験ゼロ」「知識ゼロ」「お金ゼロ」のわたしが独立し、暗黒時代の苦しみを乗り越えてきたかこそホームページの大事さや活用方法をお伝えできると自負しております。
あなたの喜びは、わたしの一番の喜びです!!
そんな想いを抱いて運営しております。メールでもFaceBookdでもTwitterでもお気軽にご連絡下さいね。

リニューアルキャンペーン

Pocket

« »